詩歌 verse

立ち別れ 因幡の山の峰に生ふる まつとし聞かば 今帰りこむ お別れして因幡の国に赴任しますが、因幡の稲羽山の峰に生える松のように、あなたが待つと聞きましたなら、私はすぐに帰りましょう。   古今集 在原行平
浅茅生の 小野の篠原しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき 茅萱の生えている小野の篠原、その篠ではないが、これまで忍んできた私も、今はもう忍びきれません。どうしてこんなにもあなたが恋しいのでしょう。   後撰集 参議等
月やあらぬ 春や昔の春ならぬ わが身一つは元の身にして この月は以前の月ではないのか。この春の景色は昔と同じではないのか。私の身一つだけが元のまま変わらぬ想いを抱いているというのに。   伊勢物語 在原業平
もろともにあはれと思へ 山桜 花より他に知る人もなし 私と一緒にたがいをしみじみと懐かしんでおくれ、山桜よ。この山奥で花より他に、知る人もいないのだ。 金葉集 行尊
あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜を 一人かも寝む 山鳥の枝垂れる尾のように、長い長い夜を一人で寝るのであろうか。 拾遺集 柿本人麻呂
有馬山 猪名の笹原に風がそよそよと吹くと笹原はそよそよと音を立ててなびきます。そよ(そう、そうなんです)私の方はどうしてあなたのことを忘れられましょうか。 後拾遺集 大弐三位
やすらはで寝なましものを小夜更けて 傾くまでの月を見しかな あなたが来ないならためらわずに寝てしまえばよかった。夜が更けて傾くまで月を見てしまったことですよ。 後拾遺集 赤染衛門
心にもあらで浮世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな わたしの気持ちとは裏腹につらい浮世を生きながらえていたならば、きっと懐かしく思い出すに違いない、この夜更けの月を。 後拾遺集 三条院
天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ 乙女の姿しばしとどめん 天を吹く風よ天女たちが帰っていく雲の通り路を吹き閉ざしておくれ。天の舞姫たちの美しい姿をもうしばらく此処に留めておきたいのです。 古今集 僧正遍昭(遍照)
瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はんとぞ思ふ 川の流れが速いので岩にせき止められ、二つに分かれる滝川のように、別れてもいつかは再会しようと思います。 詞花集 崇徳院
<< 5 | 6 | 7 | 8 | 9 >>