詩歌 verse

It's magic! The fallen leaves have changed the river Tatsuta into a beautiful scarlet carpet. Even great gods must have not seen such an amazing scene. ちはやぶる 神代も聞かず龍田川 唐紅に水くくるとは 昔の神話の時代でも、こんなことは聞いたことがありません。龍田川が深紅の色に水を括り染めにするということは。 古今集、百人一首でもお馴染み。在原業平歌。
涼しさを ます井の清水 結ぶ手に まづ通ひくる 万代の秋 涼しさが一層増す湧き水のほとりの井で水を掬うと、その手には真っ先に永遠の実りの秋がやっくるようです。 風雅集 九条隆博歌
 The dawn is already breaking because of the hasty summer sun. Oh,Mr.Moon. Where are you sleeping behind the clouds? 夏の夜は まだ宵ながら明けにけり 雲のいづこに 月宿るらむ 夏の夜は、まだ宵のうちに明けてしまったが、雲のどの辺りに月は宿っているのでしょう。短夜で西山に入る間もなかったでしょうに。 古今集 百人一首でもお馴染み。 清原深養父歌。
更に愛す 夜来風月の好(よ)きを 夜になって風と月が良くなり、更に愛でている。 唐の詩人 陸亀蒙の詩の一節。 青墨で行書を書き、濃墨で草書体を重ね書きしています。
I heard the very fascinating flower is grown in your garden that I'd been searching for. Please, please let me see her. 聞き得たり。園の中に花の艶なるを養ふことを。 君に請ふ。一枝の春を折らんことを許せ。 貴方の花園には、艶なる花が養い育てられていると聞きました。お願いします。一枝の春の盛りの花を手折ることをお許し下さい。 紀斉名の詩の一節と言われています。『源氏物語』の中にも引用される不思議で、色っぽい一節。
On a breezy evening, Nara leaves are smiling balmily and greeting the Nara river from above. Although it feels me signs of autumn, Misogi tells me it's still in summer. (Misogi is the seasonal cleansing rite) 風そよぐ ならの小川の夕暮れは 禊ぞ夏の...
On the first day of spring, Ume wakes up secretly while all the other flowers are sleeping soundly. She reaches up toward the sky, because she can't wait for raindew's...
Bamboos singing in the breeze, I relax silently by the window. Trees shining in the moonlight, I savor the garden in the pavilion. This night is so pleasant. 風生竹夜窓間臥...
After a shower, sweet jewels have already disappeared from a sea of vivid moss. In the shade of trees, I'm looking for coolness of late summer. 青苔地上銷残雨 緑樹陰前逐晩涼 青い苔に夕立の雨の名残はもう消えました。 緑陰の元、残暑の涼しさを探します。 『白氏文集』「池の上(ほとり)に涼を逐(お)う」の一節。
Glorious cherry blossoms are shining so brightly that I can't discern them from the moonlit sky. Breaking the branches, I say to myself, "Don't break it off! It's not a branch but the big sky." つきかげも はなもひとつに みゆるよは おほぞらをさへ をらんとぞ おもふ 月の光も満開の桜も白一色に見える夜空、花の枝を折っているうちに、大空も枝のつもりで折ってしまいそうです。 紀貫之作
<< 6 | 7 | 8 | 9 | 10 >>