その他

古大島(60年前)の亀甲柄。たいへん織り目が細かく、上品な光沢があります。 亀甲柄は目が細かいほど上質なものとされています。会場で是非、現在の亀甲柄と比べてみてください。
築60年以上の民家の一階がギャラリーとなっています。いつも多彩な催しが開かれる、活発なギャラリーです。 新御徒町駅から徒歩一分ですが、大変静かで、お客様方はくつろぎと感心、ひとしきりでした。
紀友則の名歌。 紙の耳を活かした台紙張り。生成りの紙の色と調和した布地選びは、春らしく、大変好評でした。
床の間があり、掛軸展示には最適のスペースでした。 本格的な茶掛けの軸と比べると、丈を短めに仕上げました。これは洋間で、タペストリー感覚で飾っていただけることを提案するためです。 中央には桜色の墨流しを施した、新作の扇子を展示しました。  
中央の黒檀の額縁と右奥古代朱の額縁は全懐紙の大きさでした。 下に色紙大の額縁が並んでいます。この個展で初めて試みた、絵画的な作品です。墨と和紙を組み合わせた工芸とでも言いましょうか。おかげさまで、好評でした。
昨年まで、扇子揮毫を専門にしていましたが、この個展に合わせて掛物を増やしました。扇面も扇子に仕立てず、額装して、新たな楽しみ方の提案です。 額のそれぞれに個性があり、見比べて、楽しんでくださいました。
桜色の墨流しを扇面の地紙に施し、五寸の扇子に仕立てました。茶扇子ですが、バッグに入る大きさと、男性にも好評だったのが意外でした。
左京大夫顕輔の歌。 白い台紙に具引き、風紋ぼかしの紙が映える掛軸に仕上がりました。布地の絹が光沢を放ち、存在感がありました。 色違いの紙を入手しましたので、今後何を書こうかと、思いを巡らしています。
泉を汲みて閑に品す、故園の茶。 モダン装幀ながら、上質の紬を使って、品よくまとまりました。 青墨に濃墨の二重書きは昨年、扇面に書いて好評だったので、引き続き、創作に使っています。
九条隆博の歌。風雅集より。 継色紙風に仕立てた、風帯付き三段装幀。茶室に合います。が、丈を短めにして、タペストリー感覚で飾っていただくことを提案しています。
<< 3 | 4 | 5 | 6 | 7 >>