その他

掛軸の表現はまだまだ可能性を秘めています。 床の間に飾るご家庭は少ないでしょう。リビングや玄関などにも空間のアクセントにとしてかけてくださる方がいらっしゃいます。そのために素材、質感、長さなど、我々作家が考えなければならないところが沢山ある表現形態だと思っています。
古典的な松葉文様のまっと。上質な絹で、見る角度により、輝きが変わります。 おめでたい席や正月飾りとしてもふさわしいものです。
黒ローズ材の額に、深緑のベッチン(別珍)を合わせました。 見飽きない、落ち着いた雰囲気の額です。
古大島紬(60年前)をマットに使いました。 色、柄、隷書体と相まって、引き締まった印象の作品に仕上がりました。
古大島(60年前)の亀甲柄。たいへん織り目が細かく、上品な光沢があります。 亀甲柄は目が細かいほど上質なものとされています。会場で是非、現在の亀甲柄と比べてみてください。
築60年以上の民家の一階がギャラリーとなっています。いつも多彩な催しが開かれる、活発なギャラリーです。 新御徒町駅から徒歩一分ですが、大変静かで、お客様方はくつろぎと感心、ひとしきりでした。
紀友則の名歌。 紙の耳を活かした台紙張り。生成りの紙の色と調和した布地選びは、春らしく、大変好評でした。
床の間があり、掛軸展示には最適のスペースでした。 本格的な茶掛けの軸と比べると、丈を短めに仕上げました。これは洋間で、タペストリー感覚で飾っていただけることを提案するためです。 中央には桜色の墨流しを施した、新作の扇子を展示しました。  
中央の黒檀の額縁と右奥古代朱の額縁は全懐紙の大きさでした。 下に色紙大の額縁が並んでいます。この個展で初めて試みた、絵画的な作品です。墨と和紙を組み合わせた工芸とでも言いましょうか。おかげさまで、好評でした。
昨年まで、扇子揮毫を専門にしていましたが、この個展に合わせて掛物を増やしました。扇面も扇子に仕立てず、額装して、新たな楽しみ方の提案です。 額のそれぞれに個性があり、見比べて、楽しんでくださいました。
<< 2 | 3 | 4 | 5 | 6 >>