その他

京都函咲堂様で誂えた帙ができ、貝覆いの桐箱は持ち運びが楽になりました。交換留学生に日本文化を体験してもらうため、レンタル依頼を受け、より扱いやすく、わかりやすいように、こんな形にしました。
2019年制作の貝覆い「瑞」(みづ)12組です。内側は金で塗り、それぞれにおめでたい漢字をしたためました。合わせた貝は同じ字でも書体が異なります。
2019年制作の貝覆いの箱書き。平成幕年は私の造語です。
2020年の「もしほぐさ」展に合わせて制作した貝覆い「季」(とき)20組です。四季それぞれの花鳥風月並びに雨、雪の歌を貝に書きました。春の歌には桜色、夏の歌には空色、秋の歌には夕焼け色のグラデーション。冬の歌にはシルバーグレーを背景にしています。
5月末、例年になく猛暑日となりましたが、京都展、多くの御来廊心より感謝申し上げます。昨年から始めました、半襟のカーテン。陽ざしに映えました。
京都展でも貝合わせ体験をしていただきました。盛況、感謝申し上げます。
今回も東上野gallery&space「しあん」様にお世話になり、個展を開催できました。桜の時期の恒例です。多くの御来廊、心より感謝申し上げます。
今年もすべて新作。古典的な掛け軸、額作品、前衛的な一字書など盛りだくさんです。
紅型の美しい着物に、私の作った羽織紐を合わせて御来廊いただきましたお客様。感激です。
お着物で御来廊いただいたお客様が、貝合わせを楽しんでいらっしゃる様子。美しい姿です。和服と伝統文化、gallery「しあん」、なじんでいます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>