西行の月

灰を漉き込んだ、豊田市の紙作家、加納様の作品にふさわしい歌を選びました。

眺むるに慰むことはなけれども月を友にて明かす頃かな

ともすれば月すむ(澄む 住む)空にあくがるる 心の果てを知るよしもがな

あはれとも見る人あらば思はなむ月の表に宿す心を

元北面の武士であった西行は、出家後旅の中で歌作りました。月に誰の面影を見たのか。